2011年11月24日

第21回男女共同参画全国都市会議

報告が遅れましたが・・・アセアセ
11月17日(木)
第21回男女共同参画全国都市会議が、
なんと姫路お城で開催されたんですよオドロキ
場所はもちろんイーグレ姫路&姫路市市民会館です↑

オープニングはジャズ演奏音符
心地いい唄とピアノ演奏にゆったりとした気分になったところで、開会式!

開会式では姫路市長、実行委員長、兵庫県副知事、姫路市議会議長さんのあいさつがマイク

特に兵庫県副知事さんのあいさつ
「うちは奥さんが食事ごはんを作れば、僕が洗い物をします。
奥さんが洗濯をしていれば、掃除機をかけますスマイル
ですから男女共同参画はバッチリですOK
昔から共働きで、子どもがいないせいもありますが、
いろいろな家族の形が認められてきたのはいいことですチョキ
というような内容でした。
全国都市会議にふさわしい、ごあいさつ花まる
さすがっ拍手・・・なのでした。

内閣府特命担当大臣メッセージもちろん、蓮ほう大臣からの力強いメッセージでした。

内閣府基調報告いろんなデータを用いて男女共同参画の現況を
男女共同参画局 調査課 調査官の稼農和久さんが報告。

そして・・・
「播磨発・それが私の自分道」講師は三木市にお住まいで、
播磨を舞台にした歴史小説を数々発表されている玉岡かおるさんですピカピカ

とても色鮮やかなピンクのスーツで現れた玉岡さん、
スマートで美しいメロメロ
お話は、最新作「負けんとき」の校了時のすったもんだアセアセのお話に続き、
製本本について、表紙についてのエピソード、最近の新書ブームについてなどなど。
出版界のいろいろな裏話もお聞きできましたgood

でもやはり興味深々だったのは、
いかにして子育て中の主婦が作家になったか、これですよね↑
23年前に高砂で専業主婦していた玉岡かおるさん、当時次女が1才スマイル
長男の嫁として同居生活だったそうです。
当時で言えば、それ以上望むことはないのではと思われる環境でしたが、
「感じる幸せ」がない、「私が100%生きていない」と感じたそうです。
雑巾の絞り方から姑に怒られっぱなし雷何一つ家事を満足にできない自分なき
けれど、得意なことがひとつチョキ
家にいながら、小さな子どもがいてもできること、
それが「書く」ことだったのだそうです。
少女の頃から書くのは大好きハート
作文コンクールも出せば賞をもらえた活躍ぶりだったそうです。

好きだとどんなに辛くてもがんばれる、そして楽しむことができる。
自分の苦手なこと(整理整頓)は得意な友人に頼み、自分は得意なこと、書くことをする。
今はそんな環境で執筆活動を続けていらっしゃるのだそうです。

最後に
それぞれのいいところを敬いあって家の中に幸せが満ちている、それが
本当の男女共同参画だと思います。」
と男女共同参画都市会議にふさわしい締めくくりの言葉を頂きましたクローバー

講演会後には、著作購入の方へのサイン会もありましたよ!
会場にいらっしゃった60代女性の方は
「また玉岡さんが姫路にいらっしゃったら、お話をぜひお聞きしたいですニコニコ
こんな風におっしゃってましたピカピカ




同じカテゴリー(お仕事)の記事画像
初仕事です
「ままwithきっず」春号発行です♪
おすすめ「bizmom」冬号
今年の手帳&ペンケース
ただいま「婚活」勉強中!
「ままwithきっず」冬号発行で~す♪
同じカテゴリー(お仕事)の記事
 原稿、原稿・・・ (2013-07-06 14:58)
 初仕事です (2013-01-24 10:08)
 6月のだいの字 (2012-06-12 14:46)
 「ままwithきっず」春号発行です♪ (2012-03-10 20:11)
 おすすめ「bizmom」冬号 (2012-01-16 17:13)
 今年の手帳&ペンケース (2012-01-15 15:38)

Posted by だいちゃん at 16:11│Comments(0)お仕事
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。