2013年04月06日

「胸の中にて鳴る音あり」

時間かかりましたが今日読み終わりました。
上原隆さんのルポルタージュコラム
「胸の中にいて鳴る音あり」文藝春秋

七十年間ずっと時計を修理してきた職人、
介護地獄に向き合う元キックボクサー、
夢をみてオーディションを受け続ける若者たち・・・
皆、実際に今もこの日本で生活し続けている人たちばかりです。

この本では作者自身の話も出てきます。
『つらいもまたよし』
『べらフォンテと叔母さん』
とても興味深く読みました。

かつて政治家で細川内閣の官房長官をしていた武村正義さんの
『たったひとつの椅子をめざして』
もよかったです。

普通の人の普通の生き方の中に、
真に胸を打つドラマがある


帯に書かれているむこの言葉に大賛成です!



Posted by だいちゃん at 16:18│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。